野球肘検査・投球指導

定期的な「肘・肩のチェック」とケガをしにくい「投球指導」

安全に長く野球ができる環境づくりをお手伝いさせて頂きます

1.png
2.png
2c56c1_6eb87f4c7ec642e391ab521c4cb80204_mv2.webp

01

​肘をチェックしたことありますか?

野球肘の疑いを早期に発見することは非常に重要です。成長の時期に合わせて、肘の状態を常にチェックすることで、リスクを最小限に抑えましょう。

痛みの前に「違和感」を感じたら早めの受診をお願い致します。カナメ整骨院では複数の病院と医療連携をし、肘のケアや手術が必要な場合の紹介もスムーズです。

​また、重要なことは痛みや違和感を感じる前に、肘の状態や投げ方などをしっかり把握すること。それにより、野球肘を発生させないようにすることが重要です。

02

まずは確認してみて下さい

ご自身でできる、簡単なテストをしてみましょう。

①両肘を曲げる

肘を曲げる動作で、肩に同じように手がつくかどうかを確認

②両肘を伸ばす

肘を伸ばす動作で、完全に伸びるか、伸びないかを確認 

どちらのテストでも左右差がある場合は、早めに検査を行うことをオススメ致します。

※簡易テストに問題がなくても、痛みや違和感がある場合はお早めにご相談下さい。

IMG_5881.HEIC
IMG_5880.HEIC
pxt00003748996503.jpeg

03

投げ方が気になる方は

簡易テストで問題がない場合でも、投球時に痛みが発生したり、違和感を感じる場合があります。その場合は既に肘や肩に負担がかかる投球フォームが身についてしまっている可能性が高いです。

カナメ整骨院では、解剖学的に負担のかかりにくい投球フォームを習得するための「投球指導プラン」をご用意しております。複数回に分けて解剖学や運動学を理解していただきます。

​小学生でも理解できる内容となっておりますので、難しく考えずに指導を受けて頂ければと思います。

検査・​指導を受けた方の声

息子の肘を定期的に検査してもらい、安心して野球に取り組めています

man_longhair_color.png

肘の状態が

悪くなる前に検査を

行ってもらい

​安心できました

relief_woman_color.png

ボールを投げる時に

スムーズに投げれる

​ようになりました

randoseru_child_boy_color.png

定期的な投球指導で

以前よりも違和感が

無い状態でボールを

投げれています

student_boy_color.png

なんでボールを投げると痛みが出るのか

理由がわかって

​よかったです

child_boy_color (1).png

様々なプランで野球をサポートします!

IMG_5883_edited.jpg

​野球肘検査

野球肘の状態を確認します。

エコーを使用した検査を行い、骨や筋肉の状態を確認します。エコーを使用することで、野球肘予防に繋がります。

​小学生の頃から定期的な検査をオススメします。(目安年に1、2回)

img_7428-min.jpg

投球指導

解剖学的にケガをしにくい投球動作を習得するプランです。最低全3回受けていただくことで「解剖学」「運動学」を学び、「動作の習得」まで繋げるプランです。小学生でも簡単に理解出来る説明を行います。

71313457_2521473021279430_8173980371025657856_n.jpeg

インソールフィッティング

投球動作が良くても、スパイクやインソールが適正なものを選べて居なければ、土台が崩れてしまいます。

安定した土台を作った上で、適正なフォームで投げることができれば、更に投球も安定します。

​スパイクのサイズから確認しますので、まずはスパイクをお持ち下さい。

2c56c1_e67833373821490b9b2623c69a39a014_mv2.webp

チーム単位の

指導・検査も承ります

NPO法人 B・Basisでは、 野球普及・野球肘撲滅運動・指導者セミナー・保護者セミナー・ 投球障害専門治療家の育成活動・キャッチボールパークの設立を行なっていきます。​

​チーム単位でのご要望はお問い合わせフォームからご連絡をお願いします。