キネシオロジーテープ入荷しました

【テーピング入荷のお知らせ】 5cmのキネシオロジーテープ入荷しました! ドラッグストアで買うよりも安いはずです。w ランナーの方はもちろん、スポーツをしている方は カラーキネシオロジーテプでケガの予防をしましょう!


【なぜキネシオロジーテープなのか?】 1.自分で貼るには伸びるテープ 2.動きをサポートor制限 3.濡れてもok

1.自分で貼るには伸びるテープ テーピングには様々な種類があります。固定系のホワイトテープ、伸縮性のあるテープ、自着性のテープなどなど。種類が多くて迷ってしまいますね。自分で貼るには断然「キネシオロジーテープ」がオススメです。伸縮性があるテープなので、ガチガチに固定はできませんが、そもそも、ガチガチに固定するテーピングは自分自身でやるのは非常に難しいのです。仮に負けたとしても他人にマイてもらう時の固定力とは雲泥の差が出てしまうのです。キネシオロジーテープは伸縮性のあるテープなのでコツさえ掴めば簡単に自分でテーピングをほどこすことが可能です。

・ケガが治ったばかりで動きに不安がある ・古傷が痛むので出来る限り負担を減らしたい ・理想のフォームに近づくためにテープを使いたい

こういった方はキネシオロジーテープがぴったりです。 いつでもどこでも巻けるので、一人でトレーニングをする人はこのテーピングの貼り方を覚えましょう。

2.動きをサポートor制限 先ほど述べたようにガチガチに固定するテープではありません。しかし、貼る方向や貼り方を変えれば動きの制限は十分に出来ます。ケガが治りたての時にはこのテープで「いい癖」を覚えさせてあげるのも重要だと思います。せっかく治ったケガも、また痛めてしまったら意味が無いですからね。 キネシオロジーテープには「動きの制限」と「動きのサポート」どちらにも働きかけることが出来ます。貼り付け方法によるので詳しくは当院で貼り方をスタッフに聞いて下さい。実際に体験したほうがわかりやすいと思います。

3.濡れてもok 通常のホワイトテープなどは濡れたらぐちゃぐちゃになってしまい固定力も落ちてしまいます。キネシオロジーテープも濡れない方がいいのですが、多少濡れてもテーピングをポンポンと叩くように拭き取れば使うことが出来ます。今回入荷したキネシオロジーテープはレーヨンを採用しています。吸収した水分を素早拡散してくれるため、汗をかいてもムレにくく、はがれにくい。スポーツに適したキネシオテープになっています。ドラッグストアで販売しているキネシオロジーテープは基本的にコットン素材ですので水分を吸収した後に乾きにくい欠点があります。スポーツをする方はキネシオロジーテープの選び方も間違ってはいけません。

【各種サポーターも取り揃えております。】 加えて、圧迫系のサポーターも順次入荷しています。 部活で頑張る学生! ケガを押して練習している人も多いですが無理は禁物。ただ、無理しなければならない状況もあるかもしれません。テーピングやサポーターは当院に気軽に相談しにきてください。サポーターはサイズもそうですが、症状にあったものを選ばなければ何の意味もありません。国家資格を取得したスタッフがフィッティングも対応しますのでお気軽ご相談下さい!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AT-mini